大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪府 豊中市

大阪府岸和田市にある泉州法律事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえにじこはさんした32歳の既婚おんなです。

当記事では、自己破産を考えているかたに、わたしの事例からわかった内容を書いています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに0円でそうだんして代理でもうしたててもらうとすいすいとめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

泉州法律事務所

所在地

〒596-0076大阪府岸和田市野田町1丁目14-10

TEL:TEL 072-439-8213

何故自己破産を申し立てたのかをかたりします。

しかくのしょうざいや塾の購入をカードのリボ払いでけっさいしていました。

ひと月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費がはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしてみました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をナシにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてうちの住所からあまり離れていないべんごし事務所につうわして、じかに事務所に行き、30分の無料相談をおこないました。

事務所には2かい行くだけでした。

そして通話とゆうびんで事務所や弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょをあわせるとやく15万円かかりました。

15万円をはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をりようして、少しの間だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力に合うようにして、必要としたきんがくを1か月毎に法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

けっかてきには、弁護士事務所に相談にいってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードがつかえないデメリットがあります。

その一方で、破産したことをしゅういにいわなければきづかれずに済みます。

わたしがはさんしたことを知っているひとは、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のくるしみがない状態です。

げんざいはクレカのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながらおしごとにいるのです。

とにかく、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責に時間が要するので、急いで弁護士じむしょに連絡して無料そうだんを受けて手続を。

-大阪府, 豊中市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.