大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府大阪市にある日中協力法律事務所の情報

投稿日:

私は2ねんまえに自己破産した49歳の未婚女です。

当記事では、じこはさんをけんとうしている方に、私のけいけんから得た内容をつたえています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士さんにタダでそうだんしてかわりでもうしたててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

日中協力法律事務所

所在地

〒542-0081大阪府大阪市中央区南船場2丁目10-30-706

TEL:TEL 06-6243-6604

どんな理由で自己破産を申し立てたのかを話しします。

スキルアップのテキストやじゅくの購入をカードのリボばらいで清算していました。

毎月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費が必要になるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話で相談をしました。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分の住所からあまり離れていない法律じむしょにつうわして、ちょくで事務所に出向いて、30分の無料面談を行ないました。

じむしょには2回いくだけでした。

それからつうわと郵送で事務所や弁護士さんと連絡をとりあってじこはさんの手続を進めました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をまとめると大体15万円つかいました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払いするのうりょくに合わせて、必要としたひようを毎月1度法テラスに口座引落でしはらいました。

結果的には、弁護士事務所にめんだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカがつかえないデメリットがあるのです。

ですが、自己破産したじじつを他人にいわなければきづかれずにすむのです。

私が破産してしまったじじつをしる人は、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、へんさいの苦しみがない状態です。

現在はクレカの期限がはやく終わるようにとまちながらお仕事におります。

ということで、自己破産のもうしたてを考えているなら、めんさいに時間がようするので、ためらうことなくべんごし事務所に電話して無料面談をしてもらって手続きを。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.