大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある本町中央法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした35歳の独身じょせいです。

当サイトでは、自己破産を考えているかたに、私の経験から得た内容をつづっています。

こたえからいうと、じこはさんはべんごしさんにただで相談して代理でもうしたててもらうと問題なくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

本町中央法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒541-0053大阪府大阪市中央区本町4丁目4-25

TEL:TEL 06-6253-0067

どんな理由で自己破産を申し立てたのかをお話します。

資格のきょうざいやじゅくのこうにゅうをクレカのリボばらいでしはらいしていました。

つきのしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費がひつようなので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわでそうだんを行ないました。

すると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分のじゅうしょからちかいほうりつ事務所に通話して、直で事務所に行って、30分の無料そうだんをしたんです。

事務所には2かいいくだけでした。

そして通話と郵便で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続をすすめました。

じこはさんの申立には着手金と弁護士のだいりえんじょをごうけいしておよそ15万円かかりました。

15万円を払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、そのときだけ建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力にしたがって、かかったきんがくを1か月ごとに法テラスに口座振替ではらいました。

けっきょくは、ほうりつじむしょにめんだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可を受けました。

自己破産は、私の一生のおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが利用できないデメリットがあるのです。

ですが、破産したじじつを他人に言わなければきづかれずに済むのです。

わたしがはさんしてしまったじじつをしる方は、ごく限られています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金の不安がなくなりました。

現在はクレカの期間があっというまにおわるようにと待ちながら仕事におります。

ということで、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責に時間がひつようなので、すぐに弁護士事務所にでんわしてむりょうの面談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.