大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある岩谷・奥田法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前にに自己破産した41歳の独身男です。

このサイトでは、自己破産をかんがえている方に、私のじつれいからえたないようをお伝えしています。

答えからいうと、自己破産はべんごしに無料相談して代理で申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

岩谷・奥田法律事務所

所在地

〒540-0033大阪府大阪市中央区石町2丁目3-9

TEL:TEL 06-6920-0632

どういうわけでじこはさんを申し立てたのかをお話します。

びじねすのしょうざいやじゅくの入手をクレジットカードのリボ払いで清算していました。

毎月の給料よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひが払うことになるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしたのです。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をなしにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

その後うちの所在地から近距離のほうりつじむしょにつうわして、直で事務所にでむいて、30分の無料相談をしたのです。

事務所には2回足を運ぶだけでした。

そして通話と郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士さんのだいりえんじょをあわせてだいたい15万円費やしました。

15万円をはらう力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、そのときだけたてかえました。

15万円をわたしの支払する能力におうじて、必要としたきんがくを1か月毎に法テラスにこうざひきおとしで払いました。

最終的には、べんごし事務所に話に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責がきょかを受けました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが使えないけってんがあるというわけです。

けれども、はさんしたじじつをまわりの人にいわなければ知られずに済みます。

わたしが破産したことをしっているかたは、ごくかぎられています。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金のなやみがなくなりました。

さいきんはクレジットカードの期間があっという間に終わるようにと待ちながらおしごとにいるのです。

ということで、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんがひつようなので、ためらうことなくべんごしじむしょにでんわして無料相談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.