大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある平田薫の情報

投稿日:

わたしは1ねんまえにじこはさんした43歳のシングルの女性です。

このホームページでは、じこはさんをかんがえている方に、私のけいけんから得た情報を綴っています。

こたえからいうと、じこはさんはべんごしに無料相談してだいりで申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

平田薫

所在地

〒541-0046大阪府大阪市中央区平野町2丁目1-2

TEL:TEL 06-6227-1900

どういう訳で自己破産をもうしたてたのかを話しします。

スキルアップのテキストやセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいでしはらいしていました。

毎月の収入よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、いりょうひがはらうことになるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で話をしたわけです。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金が無い状態にしたらどうかとていあんされました。

それから自分のきょじゅうちからちかい法律事務所につうわして、ちょくで事務所にいって、30分の無料めんだんをしたわけです。

事務所には2ど出向くだけでした。

それからでんわと郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金と弁護士の代理援助を合計しておよそ15万円かかりました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合うようにして、必要としたお金をつきごとに法テラスに口座引き落としで支払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつ事務所に話に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えない欠点があるわけです。

しかし、じこはさんしたじじつをだれにもいわなければしられずに済みます。

私が自己破産しちゃった事実を知っているひとは、ごくげんていされています。

リボ払いの利息がゼロになったことで、返済の心配がなくなりました。

近頃はクレカのきげんが早くおわるようにと待ちながらおしごとにおります。

とにかく、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責にじかんがようするので、さいしょから法律事務所に電話して無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.