大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある佐藤健二法律事務所の情報

投稿日:

私は4ねんまえに自己破産した30歳のみこんじょせいです。

このHPでは、自己破産を考えているひとに、私の体験からわかったおはなしを書いています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしさんにただで相談してかわりで申し立ててもらうとすいすいとめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

佐藤健二法律事務所

所在地

〒541-0046大阪府大阪市中央区平野町1丁目8-13

TEL:TEL 06-6229-0125

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかをかたりします。

しかくの教材やセミナーのこうにゅうをクレカのリボ払いで決済していました。

まいつきの給与よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がひつようになるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしたわけです。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをなしにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そして自分のきょじゅうちからあまり離れていないべんごし事務所にでんわして、ちょくで事務所にいき、30分の無料そうだんをしました。

じむしょには2ど足を運ぶだけでした。

そして通話と郵便でじむしょや弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をごうけいしてだいたい15万円つかいました。

15万円を払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の返済するのうりょくに合うようにして、かかったおかねを月毎に法テラスにこうざふりかえで払いました。

最終的には、ほうりつじむしょにはなしに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが利用できないデメリットがあるわけです。

だけども、破産した事実をほかの人にいわなければ気づかれずにすむのです。

私がじこはさんしちゃったことを知る人は、ごく限られています。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんの不安が無くなりました。

近頃はクレカの期間が早く終わるようにとまちながら仕事におります。

ということで、自己破産の申立てを検討しているなら、免責に時間がひつようなので、ためらわずにべんごし事務所にれんらくして無料の面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.