大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市中央区道修町にある筒井豊法律事務所の情報

投稿日:

私はかこに自己破産した52歳の既婚女性です。

当ブログでは、自己破産を考えている人に、私のじれいからえた内容を伝えています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんにただでそうだんして代わりで申し立ててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

筒井豊法律事務所

所在地

〒541-0045大阪府大阪市中央区道修町3丁目4-11-201

TEL:TEL 06-6221-5355

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

スキルアップの商材やセミナーのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

1か月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいでおはなしをしたのです。

すると自己破産でリボばらいのりそくをぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そしてじぶんの居住地から近距離のほうりつじむしょにでんわして、ちょくでじむしょに行き、30分の無料めんだんをしたわけです。

じむしょには2回行くだけでした。

そうして電話とゆうびんで事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんのてつづきをすすめました。

自己破産の申立には着手金と弁護士の代理援助をあわせてほぼ15万円かかりました。

15万円をしはらう力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の返済するのうりょくに合わせて、掛かった金額を1か月毎に法テラスにこうざふりかえではらいました。

さいしゅうてきには、べんごし事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

その一方で、はさんした事実をほかの人にいわなければきづかれずにすみます。

私が破産したことを知る人は、ごくかぎられています。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんのしんぱいが無くなりました。

このごろはクレカの期間が早く終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

とにかく、自己破産の申立てを検討しているなら、めんさいに時間がひつようなので、急いでべんごし事務所にれんらくしてむりょうそうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.