大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある関西合同法律事務所の情報

投稿日:

私はまえに自己破産した40歳のシングルの男性です。

当ページでは、自己破産を考えているひとに、私の体験から得たお話をつづっています。

答えからいうと、じこはさんはべんごしさんに0円で相談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

関西合同法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-13

TEL:TEL 06-6365-8891

どうして自己破産を申し立てたのかをかたりします。

自己啓発の商材やこうしゅうかいのにゅうしゅをクレカのリボ払いで決済していました。

まいつきのきゅうりょうよりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで相談をしてみました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

その後じぶんの所在地から近距離の法律じむしょにでんわして、直接事務所にでむいて、30分の無料そうだんを行ないました。

じむしょには2かいいくだけでした。

それからでんわと郵便で事務所やべんごしとれんらくをとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助をあわせるとだいたい15万円つかいました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済するちからに合うようにして、ひつようとしたおかねを毎月1回法テラスに口座振替で払いました。

遂には、べんごし事務所に面談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えないデメリットがあるのです。

そのいっぽうで、じこはさんしたじじつを誰にも言わなければきづかれずに済みます。

私がはさんしたじじつを知っている人は、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のくるしみがなくなったのです。

この頃はカードの期間があっというまに終わるようにと待ちながら仕事におります。

よって、じこはさんのもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間がようするので、ただちに弁護士事務所に電話して無料の相談をやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.