大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある叶法律事務所の情報

投稿日:

私はかこに自己破産した42歳のシングルの女です。

このHPでは、自己破産を検討している方に、私のけいけんから得た情報をつづっています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

叶法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目8-7-503

TEL:TEL 06-6313-1705

なぜ自己破産を申し立てたのかを語りします。

しかくのしょうざいや塾のこうにゅうをクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

ひと月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用がひつようになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にけいたいでおはなしをしたのです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとていあんされました。

そうして私の所在地からあまり離れていない法律事務所に電話して、直接事務所にいき、30分の無料そうだんを行ないました。

じむしょには2どいくだけでした。

そして電話とゆうびんでじむしょや弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合計してだいたい15万円必要でした。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしの支払いするちからにおうじて、かかった金額を毎月1度法テラスに口座振替でしはらいました。

最終的には、法律事務所に面談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

自己破産は、わたしの人生のおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカがつかえないデメリットがあるというわけです。

その一方で、じこはさんしたことをほかのひとにいわなければしられずに済みます。

私がはさんしちゃったことをしっている方は、ごく限られているのです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のしんぱいがない状態です。

いまははクレカの期間がはやくおわるようにと待ちながらおしごとにおります。

よって、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間が掛かるので、最初から弁護士事務所に電話して無料のそうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.