大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある延澤法律事務所の情報

投稿日:

わたしはなんねんかまえにじこはさんした46歳の未婚男性です。

このページでは、自己破産をかんがえている方に、わたしの実例からえたじょうほうをしるしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしに0えんで相談して代理で申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

延澤法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目1-12

TEL:TEL 06-6312-3053

どんな理由で自己破産をもうしたてたのかをはなしします。

スキルアップのしょうざいやセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

1か月のしゅうにゅうよりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、いりょうひが払うことになるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯ではなしをしました。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

それからわたしの居住地からきんきょりの法律じむしょに電話して、直接じむしょにいき、30分のむりょう面談をしたわけです。

事務所には2ど足を運ぶだけでした。

そしてでんわとゆうびんでじむしょやべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立には着手金とべんごしのだいりえんじょをごうけいしておよそ15万円かかりました。

15万円をはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をかつようして、少しの間だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済するのうりょくにしたがって、ひつようとした金額を毎月法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

さいしゅうてきには、弁護士じむしょにそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

自己破産は、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、カードがしようできないデメリットがあります。

けれども、じこはさんした事実をほかのひとに言わなければしられずに済みます。

私がじこはさんしたことをしっている人は、ごく限られているというわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、借金のくるしみがありません。

この頃はクレカの期限が早くおわるようにとまちながらしごとにいます。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいに時間が必要なので、ただちに弁護士じむしょに電話して無料の相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.