大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある小藤登起夫法律事務所の情報

投稿日:

私はいぜんに自己破産した30代みこんおんなです。

このページでは、自己破産を検討している方に、私の実例から得たお話をしるしています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談してだいりで申し立ててもらうと問題なくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

小藤登起夫法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4-611

TEL:TEL 06-6363-0088

どういうわけで自己破産を申し立てたのかをお話します。

ビジネスの教材やじゅくのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

1か月のしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひようが払うことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で話をしてみました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

その後自分の住所からあまりはなれていないほうりつじむしょに電話して、直接事務所にいき、30分のむりょう面談をしたんです。

事務所には2度でむくだけでした。

そして通話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助をあわせておよそ15万円必要でした。

15万円をしはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払する力に応じて、掛かった金額を毎月法テラスにこうざひきおとしで払いました。

けっかてきには、べんごしじむしょにそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

だけども、じこはさんした事実をほかのひとにいわなければ知られずにすむのです。

私が破産したことをしる人は、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のなやみがありません。

近頃はクレカの期間があっという間に終わるようにと待ちながらしごとにいます。

よって、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責に時間がひつようとなるので、最初から弁護士事務所にれんらくしてむりょう相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.