大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある春陽法律事務所の情報

投稿日:

わたしは10か月前にじこはさんした40代どくしんじょせいです。

このブログでは、じこはさんを考えている方に、わたしの事例からえた情報を伝えています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0円でめんだんしてだいりで申し立ててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

春陽法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目2-16-301

TEL:TEL 06-6365-0232

どういう理由で自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

しかくのしょうざいやこうしゅうかいのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

まいつきの給料よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費が払うことになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で相談をしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかとていあんされました。

それから自分のきょじゅうちからきんきょりのべんごし事務所にでんわして、直接事務所に出向いて、30分の無料相談を行ないました。

事務所には2回行くだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士のだいりえんじょを合計してほぼ15万円かかりました。

15万円をしはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの支払する力にしたがって、掛かったおかねを1か月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

遂には、弁護士事務所に話に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をうけたのです。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使用できないけってんがあるわけです。

ですが、破産したことをほかのひとに言わなければしられずにすみます。

わたしが自己破産した事実を知っているかたは、ごくげんていされています。

リボ払いの利息が無くなったことで、しゃっきんの不安がなくなったのです。

今はクレカの期限が早く終わるようにとまちながら仕事におります。

ということで、自己破産の申し立てをかんがえているなら、めんさいに時間が必要となるので、直ぐにべんごし事務所に連絡して無料そうだんをやってもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.