大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある工藤法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした30歳のどくしん男性です。

このページでは、じこはさんを考えている人に、私のたいけんからえた内容をつたえています。

答えからいうと、自己破産は弁護士にタダでそうだんして代理で申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

工藤法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目14-7-203

TEL:TEL 06-6314-0708

何で自己破産を申し立てたのかをかたりします。

ビジネスの教材やセミナーの購入をクレジットカードのリボばらいで決済していました。

1かげつの収入よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいで話をしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのしょざいちから近い弁護士じむしょにでんわして、直接事務所にでかけて、30分の無料面談をしました。

じむしょには2どいくだけでした。

そしてつうわとゆうそうでじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立には着手金と弁護士さんのだいりえんじょをごうけいして約15万円掛かりました。

15万円を支払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力におうじて、かかったきんがくを毎月法テラスに口座振替で支払いました。

結局は、ほうりつじむしょに面談に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をしてもらいました。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、カードが利用できないデメリットがあるというわけです。

そのいっぽうで、自己破産したじじつをしゅういに言わなければ知られずに済みます。

わたしがじこはさんしたことを知っているひとは、ごく限定されているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の不安が無くなりました。

今はクレカのきげんが早く終わるようにと待ちながら仕事におります。

ということから、自己破産のもうしたてをかんがえているなら、めんさいに時間がひつようなので、すぐにほうりつじむしょにでんわして無料そうだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.