大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある東風法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえにじこはさんした四十代独身だんせいです。

当サイトでは、自己破産を検討しているひとに、私のじれいからわかった情報をかいています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに無料面談して代わりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

東風法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4-410

TEL:TEL 06-6311-1750

何でじこはさんをもうしたてたのかをおはなしします。

ビジネスのきょうざいやこうしゅうかいの購入をクレカのリボばらいで決済していました。

毎月の給料よりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費が払うことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でおはなしをしたわけです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そしてうちのしょざいちからあまり離れていないほうりつ事務所に電話して、直で事務所に行って、30分の無料相談をしたわけです。

事務所には2回でむくだけでした。

そしてでんわと郵便でじむしょやべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立には着手金と弁護士のだいりえんじょを合わせておよそ15万円掛かりました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力にしたがって、かかった費用を1か月毎に法テラスに口座振替でしはらいました。

さいしゅうてきには、ほうりつじむしょに話にいってから十か月後に、自己破産のめんさいが許可を受けました。

じこはさんは、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレジットカードがりようできないけってんがあるわけです。

その一方で、自己破産した事をまわりのひとにいわなければしられずにすむのです。

私が自己破産しちゃった事を知っているひとは、ごく限定されています。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの不安が無くなりました。

現在はクレカの期限があっという間に終わるようにと待ちながらしごとにいるのです。

そういうわけで、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責にじかんがようするので、いそいで法律事務所に連絡して無料相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.