大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある小原久幸法律事務所の情報

投稿日:

わたしはすこしまえに自己破産した47歳のシングルのだんせいです。

このブログでは、自己破産を検討している方に、わたしの経験から得たないようを綴っています。

答えからいうと、自己破産はべんごしさんに0円でそうだんして代理でもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

小原久幸法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目16-3

TEL:TEL 06-6363-2555

どんなりゆうで自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

ビジネスのテキストやこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボばらいで支払いしていました。

まいつきの収入よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボばらいのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯ではなしをしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をなしにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

それから私のきょじゅうちから近い法律じむしょにでんわして、ちょくで事務所にでむいて、30分の無料そうだんをしました。

じむしょには2度でむくだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんのだいりえんじょを合わせて約15万円必要でした。

15万円をはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済するちからに合わせて、かかったお金を毎月法テラスに口座振替で払いました。

けっかてきには、法律事務所にはなしにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けました。

じこはさんは、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるというわけです。

しかし、破産したことを周りに言わなければきづかれずに済みます。

私がじこはさんしたじじつを知るかたは、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、返済のしんぱいが無くなりました。

このごろはクレカの期間がはやくおわるようにと待ちながらお仕事におります。

という訳で、自己破産の申立てを検討しているなら、免責に時間が要するので、直ちに法律事務所に電話して無料面談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.