大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある仙頭法律事務所の情報

投稿日:

私はかこにじこはさんした50代既婚男性です。

このページでは、じこはさんを考えているかたに、わたしの事例からえたお話を記しています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしに無料相談してかわりでもうしたててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

仙頭法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目1-15

TEL:TEL 06-6314-3234

どういうわけで自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスの商材やセミナーの入手をクレカのリボばらいで決済していました。

月の収入よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、手術費がはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわでおはなしをしました。

するとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

それから自分の居住地から近い弁護士事務所に電話して、ちょくでじむしょにでかけて、30分の無料面談をおこないました。

事務所には2かい行くだけでした。

そうして通話と郵便でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助を合わせてだいたい15万円つかいました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの返済するのうりょくに応じて、かかった費用を1か月毎に法テラスに口座引き落としではらいました。

結局は、法律じむしょに相談に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが利用できない欠点があります。

その一方で、じこはさんした事実をほかの人にいわなければきづかれずに済みます。

わたしがじこはさんした事をしる人は、ごく限られているのです。

リボ払いの利息が無くなったことで、へんさいのしんぱいがなくなりました。

いまははクレカの期限が早く終わるようにと待ちながらお仕事におります。

ということから、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間がかかるので、いそいで弁護士じむしょにでんわして無料の相談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.