大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある服部法律事務所の情報

投稿日:

私は少し前にじこはさんした40歳のシングルの男性です。

このページでは、自己破産をかんがえている方に、私のじつれいからえた内容をしるしています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

服部法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目16-3-805

TEL:TEL 06-6361-7711

どんなりゆうで自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスのしょうざいや講習会の購入をクレカのリボ払いで支払いしていました。

まいつきの給与よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費用がひつようなので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわでお話を行ないました。

そうするとじこはさんでリボばらいのりそくをナシにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分のじゅうしょから近いべんごしじむしょに電話して、直接じむしょに行って、30分の無料相談を行ないました。

じむしょには2回行くだけでした。

そうしてつうわと郵送でじむしょやべんごしとれんらくをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をあわせるとおよそ15万円必要でした。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、少しの間だけたてかえました。

15万円を私のへんさいする能力に合わせて、必要とした費用を1か月ごとに法テラスに口座引落で支払いました。

結果的には、法律じむしょにはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

自己破産は、わたしの一生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使えないけってんがあるというわけです。

そのいっぽうで、じこはさんした事実をまわりに言わなければ知られずに済みます。

わたしがじこはさんしたじじつを知っている人は、ごく限定されているというわけです。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんの苦しみがなくなりました。

ちかごろはカードの期間が早く終わるようにとまちながら仕事にいるのです。

というわけで、じこはさんの申し立てを検討しているなら、免責にじかんが要するので、直ぐに弁護士じむしょにれんらくして無料そうだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.