大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある多田博行法律事務所の情報

投稿日:

私は1ねんまえに自己破産した35歳の未婚だんせいです。

この記事では、自己破産を考えている方に、わたしの体験から得た情報をおつたえしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんに無料相談してだいりでもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

多田博行法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4-901

TEL:TEL 06-6362-4410

なんで自己破産を申し立てたのかをはなしします。

びじねすのてきすとや講習会のこうにゅうをクレジットカードのリボばらいで清算していました。

毎月のきゅうりょうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費がかかるので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話で相談をしたのです。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をナシにして、しゃっきんがぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうしてじぶんのしょざいちから近い弁護士事務所に電話して、直接事務所に行って、30分の無料相談をしたわけです。

事務所には二回いくだけでした。

そしてつうわとゆうそうで事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合計してやく15万円ついやしました。

15万円をしはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、その時だけ建て替えました。

15万円を私のへんさいするのうりょくに応じて、かかった費用を毎月1回法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

ついには、弁護士じむしょにはなしにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが利用できないけってんがあるというわけです。

けれども、はさんした事を誰にもいわなければ知られずに済みます。

わたしが自己破産したことを知っている人は、ごく限定されているのです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金のしんぱいがない状態です。

現在はクレカのきかんがあっというまに終わるようにと待ちながらおしごとにいるのです。

ですから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責にじかんが要するので、ただちに法律じむしょに連絡して無料相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.