大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある宮崎法律事務所の情報

投稿日:

私は前に自己破産した三十代未婚男性です。

このブログでは、自己破産を考えている人に、わたしのたいけんからえたないようをおつたえしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士さんに0えんで相談してかわりで申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

宮崎法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-211

TEL:TEL 06-6363-1678

なんで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

びじねすのテキストやじゅくの入手をカードのリボ払いで支払いしていました。

1か月の収入よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、医療費が払うことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわで話をしました。

そうするとじこはさんでリボばらいのりそくをぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

それから自分の住所から近い弁護士事務所に通話して、直に事務所にでむいて、30分の無料めんだんをしたのです。

事務所には2かい行くだけでした。

そしてつうわと郵便でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助をごうけいして約15万円掛かりました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、一時的に建て替えました。

15万円を私のへんさいするのうりょくに合うようにして、かかった費用を毎月法テラスにこうざひきおとしでしはらいました。

最終的には、ほうりつ事務所にそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可をうけたのです。

じこはさんは、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使用できないデメリットがあるわけです。

その一方で、破産した事を誰にも言わなければ知られずに済むのです。

私が破産しちゃったことを知る人は、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの心配がない状態です。

近頃はクレジットカードの期間があっというまにおわるようにと待ちながら仕事にいます。

ですから、自己破産の申し立てを考えているなら、免責に時間がひつようなので、ためらうことなくほうりつ事務所に電話して無料そうだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.