大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある浜口卯一の情報

投稿日:

私はかこにじこはさんした46歳のシングルのだんせいです。

当記事では、自己破産をけんとうしている人に、私の事例から得たお話を伝えています。

答えからいうと、自己破産はべんごしさんに0円で面談してかわりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

浜口卯一

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6363-3931

なんでじこはさんを申し立てたのかを話しします。

しかくの教材やスクールのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

月の給与よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、ちりょうひがひつようなので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をおこないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのきょじゅうちから近い弁護士事務所に通話して、直接事務所に出かけて、30分のむりょう相談をおこないました。

事務所には2かい出向くだけでした。

それからでんわと郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせるとおよそ15万円つかいました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払いするのうりょくに合わせて、かかった金額を毎月法テラスに口座振替で払いました。

さいしゅうてきには、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをうけたのです。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードがつかえないけってんがあるのです。

けれども、じこはさんしたことを誰にも言わなければ知られずに済みます。

私が自己破産したことを知る人は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんのふあんがなくなりました。

最近はクレカの期間があっというまにおわるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

ですから、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、いそいで弁護士事務所に連絡して無料相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.