大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある湯川法律事務所の情報

投稿日:

私は3ねんまえに自己破産した49歳の独身おとこです。

この記事では、自己破産を考えているひとに、わたしの体験から得た情報を綴っています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしに0えんで相談して代理で申し立ててもらうと問題なくめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

湯川法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目1-25-407

TEL:TEL 06-6314-9863

どうして自己破産を申し立てたのかをお話します。

じこけいはつの教材やじゅくの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきの収入額よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、治療費用がひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで話をしました。

すると自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんの居住地からあまり離れていないほうりつ事務所につうわして、じかに事務所に出向いて、30分のむりょうめんだんをしました。

事務所には2ど行くだけでした。

そして通話と郵便でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんと弁護士さんのだいりえんじょをまとめるとだいたい15万円掛かりました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私のへんさいする力にあわせて、かかったひようを毎月法テラスに口座引落で支払いました。

結局は、弁護士じむしょに面談に行ってから十か月後に、自己破産のめんさいが許可をうけました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカがつかえないデメリットがあります。

だけども、はさんしたことをほかのひとにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産しちゃったことをしる方は、ごく限られているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のしんぱいがなくなりました。

最近はクレジットカードのきかんが早く終わるようにと待ちながらしごとにおります。

とにかく、自己破産の申し立てを検討しているなら、めんさいにじかんが必要なので、さいしょから弁護士事務所に連絡して無料そうだんをしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.