大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある宮坂益男法律事務所の情報

投稿日:

わたしは10か月前に自己破産した36歳の独身じょせいです。

このサイトでは、じこはさんを検討しているひとに、わたしの経験からわかった情報をお伝えしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんにむりょうめんだんしてかわりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

宮坂益男法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目7-1-510

TEL:TEL 06-6365-6155

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかをお話します。

びじねすの教材やスクールの購入をクレカのリボ払いでせいさんしていました。

月の収入よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費用が払うことになるので、リボばらいのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわでそうだんを行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかと提案されました。

そうしてじぶんの住所からきんきょりのべんごし事務所に通話して、ちょくで事務所に行って、30分の無料そうだんをしたんです。

事務所には二回行くだけでした。

そしてつうわと郵便で事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせておよそ15万円つかいました。

15万円をしはらうちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を活用して、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、かかったお金を毎月法テラスにこうざふりかえで支払いました。

遂には、弁護士事務所に面談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けました。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えない欠点があります。

ですが、自己破産したじじつをほかのひとに言わなければ知られずに済むのです。

私が自己破産した事を知る人は、ごく限定されているのです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、へんさいの苦しみがなくなったのです。

ちかごろはクレカのきかんがあっというまにおわるようにと待ちながらしごとにいます。

ということで、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責にじかんが掛かるので、さいしょから弁護士事務所に電話して無料の面談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.