大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある山崎容敬法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前にに自己破産した37歳のみこん男性です。

このホームページでは、自己破産を検討している人に、わたしの体験からえたないようをおつたえしています。

答えからいうと、自己破産は弁護士さんにむりょうめんだんして代わりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

山崎容敬法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6363-1192

どういう理由で自己破産をもうしたてたのかを話しします。

びじねすのてきすとやこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきのしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用が必要なので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわでおはなしをしました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、しゃっきんが無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そうして自分の住所から近距離の弁護士事務所につうわして、直接事務所にでむいて、30分の無料相談をしたのです。

事務所には2どいくだけでした。

それから通話とゆうそうで事務所やべんごしさんと連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合わせて約15万円つかいました。

15万円をしはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、掛かったおかねをまいつき法テラスに口座引落でしはらいました。

最終的には、弁護士じむしょに面談に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかを受けたのです。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが利用できない欠点があるわけです。

ですが、破産したことを他人にいわなければきづかれずに済みます。

わたしが自己破産したことを知っているひとは、ごくげんていされているわけです。

リボばらいのりそくが無くなったことで、しゃっきんの苦しみがない状態です。

近頃はクレカのきげんがあっというまにおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

とにかく、自己破産の申し立てを検討しているなら、めんさいにじかんがひつようとなるので、すぐにべんごし事務所に電話して無料相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.