大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある栗原法律事務所の情報

投稿日:

私は数年前に自己破産した32歳のみこん男です。

このサイトでは、自己破産をけんとうしているかたに、私のじれいから得たおはなしをかいています。

答えからいうと、じこはさんはべんごしさんにタダでめんだんして代理でもうしたててもらうとえんかつにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

栗原法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目10-19

TEL:TEL 06-6311-6669

どういう理由で自己破産を申し立てたのかを語りします。

ビジネスの教材や講習会のにゅうしゅをカードのリボ払いで清算していました。

まいつきの給料よりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯でお話をしました。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくを無しにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そしてわたしのじゅうしょからあまりはなれていない法律事務所に電話して、直接事務所にいって、30分の無料そうだんをしたんです。

じむしょには2回行くだけでした。

そしてつうわとゆうびんで事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助を合わせて大体15万円費やしました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の支払する能力に応じて、掛かった金額を月毎に法テラスに口座振替でしはらいました。

けっきょくは、弁護士じむしょに相談に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

そのいっぽうで、破産した事実をほかのひとにいわなければしられずにすむのです。

わたしがじこはさんしたことを知っている方は、ごく限定されているのです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、返済の不安が消えました。

近頃はクレジットカードの期間が早く終わるようにと待ちながらお仕事にいます。

という訳で、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責にじかんが必要となるので、ただちに法律じむしょに連絡して無料面談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.