大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある田中寿秋法律事務所の情報

投稿日:

私は3年前にじこはさんした40歳のシングルのだんせいです。

このホームページでは、自己破産を考えているひとに、わたしのけいけんからえたおはなしを記しています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士さんに0円で面談して代理でもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

田中寿秋法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目10-19-504

TEL:TEL 06-6365-0772

何故自己破産をもうしたてたのかを語りします。

スキルアップのテキストやセミナーのにゅうしゅをカードのリボ払いでけっさいしていました。

1かげつのしゅうにゅうがくよりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費が払うことになるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にけいたいで相談をしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そのご自分のきょじゅうちから近くにある法律事務所にでんわして、直接事務所にいって、30分の無料相談をしたのです。

じむしょには2ど行くだけでした。

そして電話と郵便で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてやく15万円必要でした。

15万円をしはらうのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、その時だけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力にしたがって、必要としたお金を毎月法テラスに口座引き落としでしはらいました。

けっかてきには、法律じむしょに面談にいってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けました。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるわけです。

そのいっぽうで、破産した事実を周りのひとにいわなければしられずにすむのです。

私が自己破産してしまった事を知っている人は、ごくかぎられているのです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、借金の不安がなくなりました。

いまははクレカの期限がはやく終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責にじかんが必要となるので、すぐに弁護士じむしょにでんわして無料めんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.