大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある西村義智法律事務所の情報

投稿日:

わたしは過去に自己破産した40代独身男です。

このホームページでは、自己破産をけんとうしている方に、私の体験からえたないようを記しています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんにただで相談して代わりでもうしたててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

西村義智法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目2-3-A03

TEL:TEL 06-6316-8840

どういう理由でじこはさんをもうしたてたのかをお伝えします。

ビジネスのしょうざいやセミナーの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

毎月の給料よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談を行ないました。

すると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そしてじぶんのきょじゅうちからあまり離れていない法律事務所に通話して、じかにじむしょにいき、30分の無料相談をしたんです。

事務所には2回でむくだけでした。

そしてつうわと郵便で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助をごうけいしてほぼ15万円必要でした。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしの返済するのうりょくに合うようにして、かかった金額を1か月毎に法テラスに口座振替で払いました。

ついには、法律事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかを受けたのです。

自己破産は、わたしの人生のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードがつかえないデメリットがあるというわけです。

ですが、破産した事実をたにんにいわなければしられずにすみます。

私がはさんした事実を知る人は、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、へんさいの不安が消えました。

最近はクレジットカードの期間があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいます。

とにかく、じこはさんのもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間がようするので、すぐに弁護士じむしょにでんわして無料の相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.