大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある井上・吉田総合法律事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえに自己破産した43歳のみこんじょせいです。

当ページでは、じこはさんをけんとうしているひとに、私の経験からわかったじょうほうを綴っています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士にタダでそうだんして代理でもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

井上・吉田総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-6

TEL:TEL 06-6365-9522

なぜじこはさんをもうしたてたのかを語りします。

資格の商材や講習会の購入をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

毎月の給与よりもリボばらいのりそくのたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、医療費がはらうことになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわではなしをしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分の住所から近いべんごし事務所に通話して、直にじむしょに出向いて、30分のむりょう相談をしたわけです。

じむしょには2ど行くだけでした。

そうしてでんわと郵送でじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助をまとめるとやく15万円つかいました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をしようして、いちじてきにたてかえました。

15万円を私のへんさいする力にあわせて、かかった金額をつきごとに法テラスにこうざふりかえではらいました。

遂には、べんごしじむしょに相談にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可されました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使用できないデメリットがあります。

ですが、破産したじじつをほかのひとにいわなければ知られずにすむのです。

私が自己破産した事をしっているひとは、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金の不安がきえました。

いまははクレカの期間があっというまにおわるようにと待ちながらおしごとにいるわけです。

ということから、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんがひつようとなるので、直ぐにほうりつ事務所にれんらくして無料面談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.