大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある池谷博行法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した51歳のきこん女です。

当ホームページでは、自己破産を考えているかたに、わたしの経験から得たじょうほうを書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料そうだんしてだいりでもうしたててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

池谷博行法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6364-3713

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをはなしします。

ビジネスのテキストやセミナーの購入をクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

毎月の収入よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、医療費がひつようなので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで相談をしてみたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をナシにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それからじぶんの居住地からあまり離れていないべんごしじむしょに通話して、直で事務所にでかけて、30分の無料相談をおこないました。

事務所には二回行くだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしさんのだいりえんじょをまとめるとやく15万円必要でした。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的に建て替えました。

15万円をわたしのへんさいするのうりょくに応じて、必要としたお金を1か月ごとに法テラスに口座振替ではらいました。

最終的には、べんごしじむしょに話に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかされました。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えないデメリットがあるというわけです。

そのいっぽうで、破産した事を他の人にいわなければ気づかれずにすみます。

私がじこはさんした事実を知っている人は、ごくげんていされているわけです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、しゃっきんの悩みがない状態です。

いまははクレカのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、じこはさんのもうしたてをかんがえているなら、めんさいにじかんが必要となるので、最初からほうりつ事務所にれんらくして無料のめんだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.