大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある飛翔法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は過去にじこはさんした41歳のシングルの女性です。

当サイトでは、自己破産を考えている人に、私のけいけんから得たおはなしを書いています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士に0えんで相談して代わりで申し立ててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

飛翔法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目3-25

TEL:TEL 06-6361-7141

何故じこはさんを申し立てたのかをお話します。

自己啓発の教材やセミナーの入手をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

月のきゅうりょうよりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がかかるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でお話をしました。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてわたしの住所から近いほうりつ事務所に電話して、ちょくでじむしょにでむいて、30分のむりょう相談をおこないました。

事務所には2度行くだけでした。

そうして電話と郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてやく15万円ひつようでした。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、一時的に建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力にあうようにして、ひつようとしたおかねをまいつき法テラスにこうざふりかえで支払いました。

結果的には、弁護士事務所に相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けました。

じこはさんは、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカがりようできない欠点があるのです。

けれども、自己破産したじじつをまわりの人にいわなければきづかれずにすみます。

私がはさんしちゃった事をしる人は、ごく限られているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの不安がありません。

このごろはクレカの期限があっというまにおわるようにとまちながらおしごとにいます。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間がひつようなので、直ぐに弁護士事務所に電話して無料めんだんをしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.