大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある金坂喜好法律事務所の情報

投稿日:

私は数年前にじこはさんした30代独身だんせいです。

このホームページでは、自己破産をかんがえている人に、私のじつれいからえたお話を綴っています。

答えからいうと、自己破産は弁護士にタダで相談して代わりでもうしたててもらうと円滑にめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

金坂喜好法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-12

TEL:TEL 06-6311-0521

どんなりゆうでじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

じこけいはつの商材や塾の購入をクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

まいつきの収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費が必要になるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そうしてわたしの居住地から近距離のほうりつ事務所に電話して、直に事務所に行って、30分の無料そうだんを行ないました。

事務所には2かい出向くだけでした。

そうして電話と郵便で事務所やべんごしさんと連絡をとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申立には着手金と弁護士の代理援助をあわせてやく15万円掛かりました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済するのうりょくにあうようにして、かかったおかねをまいつき法テラスに口座引落でしはらいました。

遂には、ほうりつじむしょに相談に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、わたしのしょうがいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードが使用できないデメリットがあるというわけです。

ですが、はさんしたじじつを誰にもいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産した事実を知る人は、ごくかぎられています。

リボばらいのりそくが無くなったことで、借金の不安がなくなったのです。

近頃はクレカのきかんがあっというまにおわるようにとまちながらおしごとにいます。

ということで、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責に時間が必要となるので、最初から弁護士じむしょに電話してむりょう相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.