大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある勝部・高橋法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえに自己破産した39歳の独身男性です。

当サイトでは、自己破産を検討している方に、私の事例から得た情報をお伝えしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にタダでそうだんしてかわりで申し立ててもらうとすいすいとめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

勝部・高橋法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目15-18-511

TEL:TEL 06-6362-5801

どんなりゆうで自己破産をもうしたてたのかをお伝えします。

自己啓発の商材やこうしゅうかいの購入をクレカのリボ払いでせいさんしていました。

1かげつの収入よりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

ある日大病をわずらい、しゅじゅつひがひつようなので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯でおはなしをしてみたのです。

するとじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして自分のきょじゅうちからきんきょりの弁護士じむしょに電話して、直接事務所にいって、30分のむりょう面談をしました。

じむしょには二回出向くだけでした。

それから通話と郵便で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合計して約15万円かかりました。

15万円を払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、掛かった金額をつきごとに法テラスに口座引落でしはらいました。

けっかてきには、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードが使えないけってんがあります。

ですが、はさんした事をだれにもいわなければ知られずに済みます。

私がはさんしたことをしる人は、ごくげんていされているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、へんさいの悩みがありません。

現在はカードのきげんがあっという間に終わるようにと待ちながらお仕事におります。

というわけで、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、直ちにほうりつ事務所に連絡して無料相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.