大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある新原一世の情報

投稿日:

私はいぜんにじこはさんした39歳の未婚男性です。

この記事では、じこはさんをかんがえている人に、わたしの経験からえたおはなしをかいています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

新原一世

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6363-3931

どうして自己破産をもうしたてたのかをお話します。

スキルアップの商材やスクールのにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいでせいさんしていました。

毎月のしゅうにゅうがくよりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、手術費がひつようなので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話でそうだんを行ないました。

そうするとじこはさんでリボ払いのりそくをナシにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そのごじぶんのきょじゅうちからあまり離れていない弁護士事務所に通話して、ちょくせつ事務所にでむいて、30分のむりょう面談を行ないました。

事務所には2ど行くだけでした。

そうしてでんわと郵便で事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金とべんごしのだいりえんじょを合計しておよそ15万円つかいました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私のしはらいするのうりょくにしたがって、掛かった費用を月に1度法テラスに口座振替ではらいました。

さいしゅうてきには、法律事務所に相談にあしをはこんでから十か月後に、じこはさんのめんさいがきょかされました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないけってんがあるのです。

そのいっぽうで、じこはさんした事を誰にもいわなければ知られずにすむのです。

私が自己破産しちゃったことを知っているひとは、ごくかぎられているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のくるしみが消えました。

近頃はカードのきげんがあっという間に終わるようにとまちながらしごとにいます。

ということで、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責にじかんがようするので、はじめから弁護士じむしょに連絡して無料面談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.