大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある新谷・須田共同法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえにじこはさんした五十代独身おんなです。

このページでは、じこはさんを考えているひとに、わたしの実例からえたじょうほうをつたえています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしに0円で相談してだいりで申し立ててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

新谷・須田共同法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-19-407

TEL:TEL 06-6312-5708

どういう訳で自己破産をもうしたてたのかをおつたえします。

しかくのテキストや講習会のにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

1か月の収入よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、ちりょうひがはらうことになるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でおはなしをしてみました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そしてうちの居住地からちかくにあるべんごしじむしょに電話して、ちょくで事務所にでむいて、30分の無料そうだんをしたのです。

じむしょには2ど行くだけでした。

それからでんわと郵便でじむしょやべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続をすすめました。

じこはさんの申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてやく15万円費やしました。

15万円を払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払いする力に合わせて、必要としたお金を1か月毎に法テラスにこうざひきおとしで払いました。

けっかてきには、ほうりつ事務所にめんだんに行ってから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないデメリットがあるというわけです。

けれども、破産した事実をたにんに言わなければきづかれずにすむのです。

私が自己破産した事を知る人は、ごく限られているというわけです。

リボばらいの利息が無くなったことで、返済の不安がなくなりました。

このごろはクレジットカードの期間がはやく終わるようにと待ちながらしごとにいます。

よって、自己破産の申立てを検討しているなら、めんさいに時間が掛かるので、すぐにほうりつ事務所にれんらくして無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.