大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある近畿合同法律事務所の情報

投稿日:

わたしはかなりまえにじこはさんした38歳の既婚おとこです。

このホームページでは、じこはさんをかんがえている方に、私の事例からえた情報をお伝えしています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にタダで面談してだいりで申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

近畿合同法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目8-17

TEL:TEL 06-6365-6631

どんなりゆうでじこはさんを申し立てたのかをお話します。

ビジネスの商材やじゅくの購入をカードのリボ払いで支払いしていました。

まいつきの収入額よりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、治療費がかかるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でお話をしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息を無しにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分のきょじゅうちからあまり離れていない弁護士事務所に電話して、直にじむしょに出向いて、30分の無料相談をおこないました。

事務所には2度出向くだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所やべんごしさんとれんらくをとりあってじこはさんの手続きをすすめました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょを合わせておよそ15万円ひつようでした。

15万円をはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度を使って、いちじてきにたてかえました。

15万円をわたしのしはらいするちからにしたがって、かかった金額を1か月毎に法テラスに口座引き落としではらいました。

ついには、弁護士じむしょに相談に足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

しかし、はさんしたことを周りのひとにいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産した事をしる人は、ごくげんていされているというわけです。

リボばらいのりそくが無くなったことで、借金のくるしみがない状態です。

近頃はクレジットカードの期間が早くおわるようにと待ちながらしごとにおります。

ということから、じこはさんのもうしたてを検討しているなら、めんさいに時間が必要なので、ためらわずに法律事務所に連絡して無料の相談をうけて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.