大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある齊藤・大西法律事務所の情報

投稿日:

わたしは4ねんまえに自己破産した43歳の独身男性です。

この記事では、自己破産を検討しているかたに、私の体験から得たお話を綴っています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にむりょう相談して代理でもうしたててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

齊藤・大西法律事務所

所在地

〒530-0051大阪府大阪市北区太融寺町2-21

TEL:TEL 06-6311-2020

何で自己破産をもうしたてたのかをお伝えします。

スキルアップのしょうざいやスクールの購入をクレカのリボ払いで清算していました。

月のしゅうにゅうよりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある日大病をわずらい、ちりょうひようがひつようになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でお話をしました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そのごうちの居住地から近くにある弁護士事務所に通話して、直接事務所に行って、30分の無料相談をしたんです。

事務所には二度でむくだけでした。

それから電話と郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をあわせるとおよそ15万円かかりました。

15万円をはらう力が無かったので、法テラスの扶助制度をつかって、そのときだけたてかえました。

15万円を私の支払いするのうりょくに応じて、かかったきんがくを毎月1回法テラスに口座振替で払いました。

最終的には、弁護士事務所に面談に足を運んでから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、クレカが使えない欠点があるのです。

しかし、自己破産したじじつをたにんに言わなければしられずにすみます。

私が自己破産しちゃったじじつを知るかたは、ごくかぎられているわけです。

リボ払いの利息が無くなったことで、返済の悩みがありません。

げんざいはクレカのきかんが早くおわるようにと待ちながらしごとにいるのです。

ですから、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責にじかんが必要となるので、直ちに法律じむしょに連絡してむりょうそうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.