大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある増田・飯田法律事務所の情報

投稿日:

私は4年前にじこはさんした44歳のシングルの男性です。

この記事では、自己破産を考えている方に、私の体験から得た情報をつたえています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士さんにただで相談して代理でもうしたててもらうとえんかつにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

増田・飯田法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目4-18

TEL:TEL 06-6361-1182

なぜじこはさんを申し立てたのかをお話します。

スキルアップのしょうざいや塾のこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで清算していました。

つきの収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようが必要になるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話でそうだんをしたのです。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをぜろにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんの居住地からちかい弁護士事務所に電話して、ちょくせつ事務所に行って、30分の無料相談をしました。

事務所には二回出向くだけでした。

そうして電話と郵便で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合計して約15万円かかりました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしのしはらいするのうりょくに合うようにして、かかったおかねを月に1回法テラスに口座引落で支払いました。

けっきょくは、弁護士事務所に相談に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいがきょかをうけたのです。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがりようできないデメリットがあるというわけです。

そのいっぽうで、はさんしたじじつを他の人にいわなければ知られずに済みます。

私がはさんしちゃったじじつを知っている人は、ごく限定されているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんの悩みがなくなりました。

最近はカードのきかんがあっというまに終わるようにとまちながら仕事にいるのです。

というわけで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいにじかんがようするので、ただちに弁護士じむしょに電話して無料の相談をしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.