大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるペガサス(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は11か月前にじこはさんした34歳のどくしんじょせいです。

このページでは、自己破産を考えているかたに、わたしの事例から得たおはなしをおつたえしています。

答えからいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代わりで申し立ててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

ペガサス(弁護士法人)

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目7-20

TEL:TEL 06-6365-9038

何で自己破産をもうしたてたのかをおつたえします。

しかくのてきすとや塾の入手をカードのリボばらいで決済していました。

ひと月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費が必要なので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわではなしをおこないました。

すると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そしてうちの所在地から近距離のべんごし事務所にでんわして、じかに事務所にでかけて、30分の無料面談をしたわけです。

事務所には2度出向くだけでした。

そして電話と郵送でじむしょやべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんとべんごしさんのだいりえんじょをあわせるとだいたい15万円かかりました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、その時だけたてかえました。

15万円をわたしのしはらいするちからにおうじて、掛かった費用を月に1度法テラスに口座引落ではらいました。

けっきょくは、弁護士事務所に面談に足を運んでから十か月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードが使用できない欠点があるというわけです。

そのいっぽうで、破産した事実をほかのひとにいわなければ気づかれずにすむのです。

私がはさんしてしまった事をしっているひとは、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの苦しみがありません。

この頃はクレジットカードの期限があっというまに終わるようにと待ちながらおしごとにいるのです。

ということで、自己破産の申し立てを考えているなら、免責にじかんがかかるので、すぐに法律事務所にでんわしてむりょうの相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.