大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるマンモス法律事務所の情報

投稿日:

私はなんねんかまえにじこはさんした52歳の既婚おんなです。

この記事では、自己破産を考えている方に、わたしの経験からわかったおはなしを書いています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士にタダで相談してだいりで申し立ててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

マンモス法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-29

TEL:TEL 06-6365-5331

どうしてじこはさんを申し立てたのかをおつたえします。

資格のテキストやスクールのにゅうしゅをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

まいつきの収入よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、いりょうひがはらうことになるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで相談をしました。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そのご私の住所からあまり離れていないほうりつじむしょに通話して、ちょくでじむしょに行って、30分の無料相談をしたんです。

じむしょには2回行くだけでした。

そして通話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあってじこはさんの手続をすすめました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をまとめるとだいたい15万円掛かりました。

15万円を払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に応じて、かかったお金を1か月ごとに法テラスにこうざひきおとしでしはらいました。

最終的には、弁護士事務所に面談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカがつかえないデメリットがあります。

だけども、自己破産したじじつを他人にいわなければ知られずに済むのです。

わたしが自己破産してしまったことをしる人は、ごく限定されています。

リボ払いの利息がなくなったことで、返済の心配がなくなりました。

今はクレジットカードのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、じこはさんのもうしたてをかんがえているなら、めんさいに時間が必要なので、最初から弁護士じむしょにでんわしてむりょうの相談をしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.