大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある太郎総合法律事務所の情報

投稿日:

私は10かげつまえにじこはさんした33歳の独身女です。

このページでは、じこはさんを考えているひとに、わたしのじれいから得た情報を伝えています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士に無料面談してかわりでもうしたててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

太郎総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-3-501

TEL:TEL 06-6365-9588

なぜ自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

じこけいはつの教材やこうしゅうかいのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで決済していました。

つきの収入額よりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話で相談をしました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金が無い状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分のじゅうしょから近いべんごし事務所に電話して、じかに事務所に出向いて、30分のむりょう面談をしました。

事務所には2ど行くだけでした。

そうして通話とゆうそうでじむしょや弁護士とれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせるとおよそ15万円ついやしました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、一時的に建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力に応じて、必要としたお金を毎月法テラスにこうざふりかえで支払いました。

最終的には、法律じむしょにめんだんに行ってから十か月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

じこはさんは、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使用できないけってんがあるのです。

ですが、破産した事実を他人にいわなければしられずに済むのです。

わたしがはさんしちゃったことをしっている人は、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの苦しみがない状態です。

このごろはカードの期間が早く終わるようにと待ちながら仕事におります。

ですから、じこはさんのもうしたてを考えているなら、めんさいに時間がかかるので、いそいでほうりつ事務所に連絡して無料相談をうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.