大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある相川法律事務所の情報

投稿日:

私はかなり前に自己破産した30歳の独身おとこです。

このページでは、じこはさんを考えている方に、私のたいけんからわかったおはなしを書いています。

答えからいうと、自己破産はべんごしにむりょう相談してだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

相川法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目1-5

TEL:TEL 06-6363-3846

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかを話しします。

びじねすの教材やこうしゅうかいのこうにゅうをクレジットカードのリボばらいで決済していました。

ひと月の収入よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいでそうだんをしてみたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後自分の住所から近距離の弁護士じむしょにでんわして、直に事務所にでむいて、30分の無料そうだんをしたのです。

事務所には二度行くだけでした。

そうして電話と郵便でじむしょや弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助を合わせると約15万円ついやしました。

15万円をはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の支払するのうりょくに従って、掛かったきんがくを1か月毎に法テラスに口座振替でしはらいました。

最終的には、法律事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードがつかえないけってんがあるのです。

しかし、破産したことをまわりのひとにいわなければしられずにすみます。

私が破産しちゃった事実を知る人は、ごく限定されているわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、返済のふあんがなくなりました。

ちかごろはクレカのきげんが早く終わるようにとまちながらしごとにいます。

よって、自己破産の申立てを検討しているなら、免責に時間がひつようなので、ただちにべんごし事務所に連絡してむりょうの面談をやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.