大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある荒鹿法律事務所の情報

投稿日:

私は少し前に自己破産した45歳のどくしんおとこです。

当ブログでは、じこはさんを考えている方に、わたしのじつれいからえた情報をお伝えしています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士に無料そうだんして代わりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

荒鹿法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目11-23-702

TEL:TEL 06-6365-7155

なぜ自己破産をもうしたてたのかをはなしします。

ビジネスのてきすとや塾のにゅうしゅをカードのリボ払いでけっさいしていました。

ひと月の収入額よりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、医療費が必要になるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわで話をしました。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息を無しにして、借金が無い状態にしたらどうかと提案されました。

そのごじぶんのきょじゅうちから近い法律事務所にでんわして、直接事務所にでかけて、30分のむりょう相談をしたわけです。

事務所には2回行くだけでした。

それからでんわとゆうそうでじむしょや弁護士さんと連絡をとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合わせるとおよそ15万円掛かりました。

15万円を払うのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払するちからにあわせて、必要としたお金を毎月法テラスに口座引き落としで支払いました。

最終的には、ほうりつ事務所に面談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

自己破産は、わたしの人生のおてんです。

デビットカードはつかえるけれど、クレカがしようできないデメリットがあるというわけです。

ですが、破産した事実をしゅういにいわなければ知られずにすみます。

私がはさんした事をしるかたは、ごくげんていされているのです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、借金の苦しみがない状態です。

このごろはクレカのきげんがはやく終わるようにとまちながらしごとにおります。

という訳で、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間が要するので、ためらうことなく弁護士事務所に連絡して無料めんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.