大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある伊藤文隆法律事務所の情報

投稿日:

わたしは前にじこはさんした50代シングルのじょせいです。

このホームページでは、自己破産をかんがえている人に、私のじつれいから得たじょうほうをつたえています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしさんに無料そうだんして代理でもうしたててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

伊藤文隆法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-26-202

TEL:TEL 06-6365-1423

どうしてじこはさんをもうしたてたのかをかたりします。

びじねすの教材や講習会の購入をクレカのリボ払いでけっさいしていました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、ちりょうひようが必要になるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にけいたいでそうだんをしたのです。

そうしたら自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そして自分の住所から近距離の弁護士事務所に通話して、じかに事務所に行って、30分のむりょうめんだんをしました。

じむしょには2回いくだけでした。

それから電話と郵便で事務所や弁護士さんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合わせて大体15万円かかりました。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度を利用して、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合わせて、必要としたひようを毎月1度法テラスにこうざひきおとしではらいました。

最終的には、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードがしようできないデメリットがあるというわけです。

けれども、破産したことをまわりにいわなければ気づかれずに済むのです。

私が破産したことを知るひとは、ごく限定されているのです。

リボ払いの利息が無くなったことで、しゃっきんの不安がきえました。

現在はクレカのきげんがあっという間におわるようにと待ちながら仕事にいます。

ということから、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責に時間がかかるので、最初からべんごし事務所に電話してむりょうそうだんをしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.