大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大阪サクシード法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前にに自己破産した四十代独身じょせいです。

この記事では、自己破産を検討している方に、私の経験から得た内容をつたえています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士さんにタダで面談して代わりでもうしたててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

大阪サクシード法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目13-9

TEL:TEL 06-6365-6105

どういう訳でじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

資格の商材や講習会の購入をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

1かげつの給与よりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、しゅじゅつひがかかるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわで相談をしてみたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をナシにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それから自分のじゅうしょからちかくにあるべんごし事務所にでんわして、直で事務所にいって、30分の無料めんだんをしました。

事務所には2ど足を運ぶだけでした。

そして電話と郵便でじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助を合わせて約15万円かかりました。

15万円を支払う力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円をわたしの支払する能力に合わせて、掛かった費用を月毎に法テラスにこうざひきおとしではらいました。

ついには、法律事務所にはなしにいってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけたのです。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが利用できない欠点があります。

ですが、はさんしたじじつをしゅういにいわなければ気づかれずにすむのです。

私が自己破産しちゃった事実を知っているひとは、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいの不安が消えました。

今はクレジットカードの期間があっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、じこはさんのもうしたてを検討しているなら、免責に時間が必要なので、ただちに弁護士じむしょに連絡してむりょうそうだんをうけててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.