大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある信藤秀樹法律事務所の情報

投稿日:

私は10かげつまえに自己破産した43歳のみこんおとこです。

当HPでは、じこはさんをかんがえている人に、私の体験から得たないようを書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょうそうだんしてかわりで申し立ててもらうとすいすいと免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

信藤秀樹法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6365-1580

何故自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

スキルアップの教材やスクールのこうにゅうをクレカのリボ払いで清算していました。

1かげつのしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費がはらうことになるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会に電話でお話を行ないました。

そうするとじこはさんでリボばらいのりそくをゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかとていあんされました。

そうしてわたしの居住地から近くにあるほうりつ事務所に電話して、直接事務所にいって、30分の無料めんだんをしたんです。

じむしょには二度あしをはこぶだけでした。

そうして通話と郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士さんの代理援助をあわせておよそ15万円使いました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、一時的に建て替えました。

15万円を私のしはらいする能力にあわせて、かかったひようを毎月1度法テラスにこうざふりかえでしはらいました。

遂には、弁護士じむしょにはなしにいってから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードが使えない欠点があるというわけです。

しかし、自己破産したじじつを周りに言わなければ知られずに済みます。

わたしが破産したことをしっている方は、ごくげんていされているわけです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、しゃっきんの悩みがなくなりました。

ちかごろはクレジットカードのきかんがはやく終わるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ということから、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責にじかんがかかるので、すぐに弁護士事務所にでんわして無料相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.