大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるたんぽぽ総合法律事務所の情報

投稿日:

わたしはすこしまえにじこはさんした50代みこんだんせいです。

このホームページでは、自己破産を考えているかたに、わたしのじれいからわかった情報をおつたえしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談して代わりでもうしたててもらうとすいすいとめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

たんぽぽ総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目14-16

TEL:TEL 06-6360-0550

何でじこはさんをもうしたてたのかを語りします。

じこけいはつの教材やこうしゅうかいの入手をクレジットカードのリボ払いでけっさいしていました。

1かげつの給料よりもリボばらいのりそくのたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、しゅじゅつひがかかるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で相談をしてみました。

そうするとじこはさんでリボ払いのりそくをなしにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

それからうちのきょじゅうちからあまり離れていないほうりつじむしょに電話して、ちょくせつじむしょに行って、30分の無料そうだんをおこないました。

事務所には2回出向くだけでした。

そしてつうわとゆうそうでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょを合わせるとだいたい15万円ひつようでした。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使って、いちじてきにたてかえました。

15万円を私のへんさいする能力にあうようにして、かかった金額を月に1度法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

最終的には、ほうりつ事務所に相談に行ってから十か月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使用できないデメリットがあるのです。

そのいっぽうで、はさんしたじじつをほかの人に言わなければ知られずに済みます。

私がはさんしたことを知っている人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんのなやみがきえました。

この頃はクレカの期限が早くおわるようにと待ちながらおしごとにおります。

という訳で、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいにじかんがようするので、いそいで弁護士事務所に連絡して無料のめんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.