大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある川窪総合法律事務所の情報

投稿日:

私は4ねんまえに自己破産した34歳のきこん女性です。

当記事では、自己破産を考えているかたに、私のけいけんから得たお話をしるしています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士にタダで相談して代わりで申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

川窪総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目10-5

TEL:TEL 06-6314-2373

なんで自己破産を申し立てたのかをお話します。

じこけいはつの商材やセミナーの購入をカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボばらいの利息をしはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯でおはなしをしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そのごわたしの住所からあまり離れていないべんごしじむしょにでんわして、直で事務所にいって、30分の無料相談をしたわけです。

じむしょには2かい行くだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんのだいりえんじょをまとめると約15万円かかりました。

15万円をしはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力に応じて、掛かったお金を月に1度法テラスに口座振替で支払いました。

結局は、べんごしじむしょに相談にあしをはこんでから十か月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしのいっしょうのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、カードが使えない欠点があるのです。

ですが、じこはさんした事実を周囲にいわなければ知られずにすみます。

わたしがじこはさんしてしまった事をしる方は、ごく限られているのです。

リボばらいの利息がなくなったことで、しゃっきんの不安がなくなりました。

今はカードの期間が早く終わるようにとまちながらしごとにいます。

ですから、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責にじかんがひつようなので、ためらうことなく法律じむしょに電話して無料そうだんをやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.