大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある関西法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した30代どくしんじょせいです。

このHPでは、自己破産をけんとうしているひとに、私の体験から得た情報を書いています。

答えからいうと、じこはさんはべんごしに無料面談して代理で申し立ててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

関西法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-8-501

TEL:TEL 06-6362-1237

どうして自己破産を申し立てたのかをはなしします。

ビジネスの教材やスクールの購入をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

ひと月のしゅうにゅうよりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費が必要なので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわでお話をしたわけです。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息をぜろにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのご自分の住所からあまりはなれていないべんごし事務所につうわして、直でじむしょに行って、30分の無料相談をおこないました。

じむしょには2度出向くだけでした。

そうしてつうわと郵送で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立てにはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助を合わせてやく15万円ついやしました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の支払いする能力にあわせて、かかった金額を毎月法テラスに口座引き落としではらいました。

結局は、法律じむしょにはなしに行ってから10ヶ月後に、じこはさんのめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、わたしのしょうがいのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

けれども、破産したじじつをまわりにいわなければ知られずにすむのです。

わたしがはさんしてしまった事実を知っている人は、ごく限定されています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金の不安がなくなりました。

げんざいはクレカの期間があっというまに終わるようにと待ちながらおしごとにいるわけです。

という訳で、自己破産の申立てをけんとうしているなら、めんさいに時間がかかるので、直ちに法律じむしょにれんらくしてむりょうそうだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.