大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある林田崇法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前ににじこはさんした43歳の未婚だんせいです。

当ブログでは、自己破産を検討している方に、私のけいけんから得たお話をかいています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士さんにただでめんだんしてかわりで申し立ててもらうと円滑にめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

林田崇法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-9

TEL:TEL 06-6313-0947

どういう訳で自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

ビジネスのしょうざいやじゅくの入手をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

1かげつのしゅうにゅうがくよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費がはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯ではなしをしてみたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をぜろにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そうして私のしょざいちからちかいべんごし事務所にでんわして、じかに事務所に行って、30分の無料そうだんをしたんです。

事務所には2回行くだけでした。

そしてでんわとゆうそうで事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合わせてほぼ15万円使いました。

15万円を支払うちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度をしようして、いちじてきに建て替えました。

15万円をわたしのしはらいするのうりょくに応じて、掛かったきんがくを毎月1回法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

最終的には、べんごし事務所に話に行ってから十か月後に、じこはさんの免責がきょかをうけました。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使用できないデメリットがあります。

けれども、自己破産した事を他人にいわなければ知られずに済むのです。

私がじこはさんしたことを知っている人は、ごく限定されているというわけです。

リボばらいの利息が無くなったことで、借金のふあんがない状態です。

ちかごろはクレジットカードの期間が早く終わるようにとまちながらしごとにいます。

ということで、じこはさんの申立てをかんがえているなら、めんさいにじかんが掛かるので、直ぐにべんごし事務所に連絡してむりょうの相談をやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.