大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある針原法律事務所の情報

投稿日:

私は4ねんまえに自己破産した53歳のみこんおんなです。

当ブログでは、自己破産をけんとうしているひとに、わたしのけいけんから得たじょうほうをしるしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0えんで相談してかわりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

針原法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-2-1003

TEL:TEL 06-6364-9046

何故じこはさんをもうしたてたのかをはなしします。

ビジネスのきょうざいやセミナーの入手をカードのリボ払いで支払いしていました。

月の給料よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、ちりょうひが払うことになるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわでそうだんをおこないました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをナシにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そうして自分の住所からきんきょりの弁護士事務所に通話して、直で事務所にいって、30分の無料めんだんをおこないました。

事務所には2かいいくだけでした。

そうしてつうわとゆうびんでじむしょやべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金とべんごしのだいりえんじょをごうけいしておよそ15万円かかりました。

15万円をはらうちからが無かったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、かかったお金をつきごとに法テラスに口座引落で払いました。

ついには、弁護士じむしょに相談にいってから十か月後に、じこはさんのめんさいがきょかを受けたのです。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えないけってんがあるのです。

だけども、自己破産したじじつをほかのひとに言わなければきづかれずにすみます。

わたしが自己破産しちゃった事実を知っているひとは、ごくげんていされているわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいのふあんがなくなりました。

ちかごろはクレジットカードの期間があっというまに終わるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

とにかく、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責に時間が必要なので、ただちに法律じむしょに電話してむりょう相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.