大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある松本佳典法律事務所の情報

投稿日:

私は1ねんまえにじこはさんした37歳の独身おとこです。

この記事では、自己破産をかんがえているかたに、わたしの経験からわかった内容をしるしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に0円で相談して代理で申し立ててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

松本佳典法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目9-3

TEL:TEL 06-6365-1160

どういうわけで自己破産をもうしたてたのかを話しします。

自己啓発のてきすとやスクールの入手をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

つきのしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくの高額になってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費がひつようなので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわで話をしてみたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

その後私の居住地から近距離の法律事務所にでんわして、直接じむしょに行き、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2回行くだけでした。

そして通話とゆうそうで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせて大体15万円費やしました。

15万円をはらう力がなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的にたてかえました。

15万円をわたしの支払いする能力に従って、かかった金額を毎月法テラスに口座引落で支払いました。

遂には、弁護士じむしょにめんだんに足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使えない欠点があるわけです。

ですが、自己破産した事実をだれにもいわなければ気づかれずに済みます。

わたしがはさんしたことを知っているひとは、ごくかぎられているというわけです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、返済の不安がなくなりました。

今はクレジットカードの期間があっというまに終わるようにと待ちながらお仕事にいるのです。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、めんさいにじかんがひつようとなるので、急いでほうりつ事務所に連絡して無料の相談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.